1999

2010年09月28日

「1999」第2章 - 第6話「定例会」

 帰宅後。

 僕は椅子の上に胡坐をかき、今日の出来事について考えてみた。
 PCを起動し、メモ帳を開いて、頭に浮かんだ言葉を書き連ねていく。言葉にしてみなければ、何も考えることができない。僕にとって書くことは、思考をスタートさせるためのアクセルなのだ。


 とりあえず、思ったこと。
 荒井は限りなく怪しい。
 柿原について聞くと「知らない」とだけ答えた。
 その言葉を信じることはできない。荒井は一切の情報を開示しない事が、最善の策だと判断したように見えた。
 荒井は、僕に教えたくない何らかの情報を握っているのではないか?
 端的にいって、何かを隠しているような気がする。

 では一体、何を隠しているのか?
 それを確かめるには、教団内の他の人間に接触を試みるしかないだろう。
 荒井はガードが固すぎる。

 奴は「定例会に出席しろ」と言った。そいつに参加するしか道はなさそうだ。

 少々気が重いが、ここまできたら前に進むしかない。









 ●月□日。

 僕は神奈川県X市にある、マンションの一室にいた。定例会は、この場所で開かれているらしい。
 この部屋は、とある裕福な信者の所有物なのだそうだ。その信者は関東に10以上のマンションを所有していて、そのうちのひとつを教団に無料で貸している、との事だった。

 15畳ほどのリビングに、7、8人の男女がたむろしている。
 各々、気の知れた仲間と歓談に耽っているようだ。新参者の僕がそこに参入する余地はなかった。とりあえずチャンスを待つことにした僕は、部屋の隅に自分の居場所を確保し、携帯電話をいじくって時間を潰した。

 30分ほど過ぎた頃、知っている顔が部屋に入ってきた。
 マッチ売りの少女である。セミナーのときにチラシを配っていた、薄幸そうな女の子だ。
 マッチ売りの少女は僕を見つけると、嬉しそうな顔をして近づいてきた。

「お疲れ様です。」
「あ、おつかれさまですっ。」

 僕たちはとりあえず挨拶を交わした。何が「お疲れ様」なのかは全くわからない。僕たちはお互いが何をしていたのか、どのような経緯でここにいるのかを知らない。だから当然、相手が疲れているかどうかなんてわかりっこない。それでも僕たちは、まだ打ち解けていない相手と出会ったときには「お疲れ様」と声を掛け合う。「おはよう」でも「こんにちは」でもなく「お疲れ様」だ。それが何を意味する言葉なのかはわからない。ただ呪文のようにそれを唱えるのだ。

「えっと…お名前を教えて頂けますか?」
 マッチ売りの少女はおずおずと聞いてきた。

「東…いや、鈴木です。」

 危なかった。僕としたことが致命的なミスを犯すところだった。

「鈴木さんですか。」

「はい、どこにでもあるような、極めてありふれた名前の鈴木です。」

「w
 鈴木さんですね、了解です。」

 苦し紛れに適当なことを言うと、マッチ売りの少女はくすりと笑った。二人の間に流れていた、緊張した空気が少し和らいだ気がした。

「ええと、僕の方はあなたの事を、何と呼べばいいですか?」
 僕は尋ねた。「マッチ売りの少女」というのは僕が勝手につけたあだ名であり、僕の精神世界でしか通用しない。

「近藤エツ子っていいます。おばあちゃんみたいな名前だって、よくからかわれます。」

「w
 近藤さんですか。」

「エツ子でいいです。」

「じゃあエツ子さん、いくつか質問があるので、教えてもらいたいんですけど、いいですか。
 この教団の信者さんたちは、普段はどんな活動をされているんでしょうか?先日入信の手続きの際に、荒井さんに同じ質問をぶつけてみたんですけど、いまいちよく分からないんです。」

「ううん…そうですねえ…。難しい質問です。ちょっと、考えさせてください。」
 近藤エツ子ことマッチ売り
の少女は、額に両手を当て考え始めた。真剣に悩んでいる様子である。
「質問に答える」という行為にあまり慣れていないのかもしれない。
 5分が過ぎた。マッチ売りの少女はまだ考え続けている。額には薄っすらと汗が滲んでいる。
 なんつうか、頑張れ…。

「あ、そうだ!
 ヨサルディン・ポ・ゲペドンを探しています。」

 マッチ売りの少女は、天からの啓示を受けたかのように答えた。心なしか頬に赤みが差してきたように見える。

「ヨサルディン・ポ・ゲペドン?」

 そういえばセミナーでもその名前を聞いたような気がする。実に怪しい名前だ。何となくアラブ人のような語感があるが、どこかチグハグな印象を受ける。

「詳しくは分からないんですが、ノストラダムスの大魔王を封印した張本人なんだそうです。なんでも封印を解く鍵を握っているんだとか。
 だから私達は、一刻も早くヨサルディン・ポ・ゲペドンを捕まえなければいけないんです!」

「ふむう。
 てことは、ヨサルディン・ポ・ゲペドンというのは、人間の名前なんですね。」

「はい。
 アラブの偉いお坊さんだそうです。」

「アラブのお坊さん…。ということは、僕たちは中東にまで飛んでいって、そいつを探さないといけないんですか?」

「いえ。
 それがどうやら、日本に潜伏しているらしいのです。」

「なんと。日本のどこに?」

「新宿です。」






 発狂しそうである。


 アラブの偉いお坊さんがわざわざ日本にやってきて、世界を滅ぼすべく降臨したノストラダムスの大魔王を封印した。そのお坊さんは大魔王を封印した後も日本に残っていて、新宿のどこかに潜伏しているという。

 茶番にも程がある。こんな馬鹿げた話を、どうやって信じろというのか?


「エツ子さんは、その話を本当に信じているんですか?」
 あまりのアホらしさに耐えかねた僕は、思わず絶対に聞いてはいけないことを、聞いてしまった。

「えっ…!?えっと…あの…その…あの…。」

 再び困惑に囚われるマッチ売りの少女。スフィンクスの投げかける難題に悩む旅人のような、苦渋の表情を浮かべている。

 まずった。



 と、その時。



 タイミングがいいんだか悪いんだかは分からないが、勢いよくマンションの扉が開き、男が早足で部屋に入ってきた。
 男はリビングの中心に立ち、


「皆さん!!!!聞いて下さぁーーーーーーい!!!」


 と叫んだ。



posted by 魔王源 at 12:00| Comment(0) | 第2章
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: